SPIノートの会 就活速報!

 

最新情報
このサイトは
あなたの「採用テスト」体験をお送りください
▼SPIとは?
こんなテスト
SPI2とSPI3の違い
テストセンター(SPI)とは
WEBテスティング(SPI)とは
対策はこの本で!
▼SPIの実施企業
テストセンター(SPI)はこの企業で出る!
WEBテスティング(SPI)はこの企業で出る!
▼Webテスト、テストセンターとは?
あなたはWebテスト、テストセンターを「必ず」受ける!
いつ受ける?解禁時期は?(2018年度の日程)
Webテスト、テストセンターの種類
インターンシップでテストを実施する企業もある
▼玉手箱
こんなテスト
テストセンター方式(C-GAB)が登場
玉手箱はこの企業で出る!
C-GABはこの企業で出る!
▼TG-WEB
こんなテスト
ヒューマネージ社のテストセンターが登場
TG-WEBはこの企業で出る!
ヒューマネージ社のテストセンターはこの企業で出る!
▼SCOA
こんなテスト
SCOAのテストセンターはこの企業で出る!
▼Web-CAB
こんなテスト
この企業で出る!
▼CUBIC
こんなテスト
この企業で出る!
▼TAP
こんなテスト
この企業で出る!
▼TAL
この企業で出る!
▼ペーパーテスト
この企業で出る!
▼まだ間に合う
  テスト対策
新卒向け(SPIノートの会の書籍)
社会人向け(SPIノートの会の書籍)
▼採用担当の方へ
SPIノートの会の書籍
『採用の極意』
▼こちらにも情報満載
洋泉社「これが本当の採用テスト対策だ!!」
「洋泉社」のサイト

 

 

 

■テストセンターは専用会場のパソコンで受検するSPI

テストセンターは、テスト会社が用意した会場に出向いて、パソコンでSPIを受検する方式です。受検者自身が自宅のパソコンなどで受検予約を行い、性格検査を受検してから会場で基礎能力検査を受けます。基礎能力検査の実施時間は約35分で、同じ時間内に言語と非言語が実施されます。

※このほかに、オプション検査として「英語検査」と「構造的把握力検査」が実施されることがあります。

■受検者ひとりずつ出題内容が異なる

テストセンターでは、受検者ごとに異なる問題が出題されます。また、回答の状況に応じて、難易度や出題数が変化します。テスト開始時点で全部の出題内容と出題数がわかるペーパーテストとは、まったく違います。

■制限時間は問題ごと

テストセンターでは、検査全体の制限時間のほかに、問題ごとの制限時間があります。問題ごとの制限時間を過ぎると、未回答でも自動的に次の問題に進んでしまいます。未回答は誤答として扱われますから、失点を防ぐため、常に制限時間を意識しながら解きましょう。

■受検結果を他の企業に使い回せる

テストセンターは一度受検してしまえば、次に他の企業から受検を求められたときに、前回の受検結果を使い回すことができます。使い回せる期間は1年間です。

■他の方式とは出題範囲が違う

テストセンターは、ペーパーテスト、WEBテスティングなど他の方式とは出題範囲が違います。

限られた時間で最大の効果を上げるためには、テストセンターに的を絞った適切な対策を取ることが大事です!

 

 

テストセンターの次に使われている方式「WEBテスティング」とは? 詳しくはこちら

(C) 2006- SPIノートの会 (本サイトの記事および独自データの無断転載を禁じます)